LINE乗っ取り(-。-メ)

つ・ついに‥巷で噂!?の乗っ取り生画面にお目見えっ^^;

昨夜のこと…相方がブリブリと怒りながら仕事より帰還。。
何ごとかと思いきや、
「○○さんから訳の分からんメッセージが届いた
暫くやりとりがなかったのに、なんだこの妙に馴れ馴れしいメッセージはっ
と、かなりのご立腹(苦笑)

…で、見せて貰ったのが上図の画面怒る相方を尻目に…
おぉ~~これぞ乗っ取られたというヤツかぁ~!と何やら感動にも似た思い。。(あ…いかんいかん、被害に遭った相手に気の毒ではないか…)
まっ、まっ、そう怒らんでも彼のせいではないから…と、相方を鎮めた上で、以前の仕事取引相手のその彼にSMS(ショートメール)メッセージにて、
「LINEが乗っ取られているようですよ。詐欺的メッセージが届いてます」と、送る。。すると…
「あちらこちらから苦情の電話が来ています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」との返信…
きっと、多くの取引相手から怒りの電話を受けているのだろうなと、相当気の毒に思った次第。。彼自身もLINEにアクセスできずに困っていることだろうし、対応に追われて大変だっ

実に困ったことをする族の多いことっ
さて、このような被害に遭った場合の対策としては、新たにLINE登録をし直すことが必要となる。そして以下の対応をしようっ
先ずはLINE問題報告フォームでLINE運営側に連絡をして、アカウントを停めて貰うことっ!そうでないと被害は広まるばかりだから…
その際に、乗っ取られたアカウント新規アカウントを記載のこと。。
有料LINEのスタンプの購入有無の確認があるようなので、或いはスタンプについては復旧をしてくれる可能性があるかもしれません。

スマホやタブレットの方用QRコードを
作成したのでこちらから

次にSMSやメールなどで友人たちにLINEが乗っ取りにあった旨を通知し、お詫びのメッセージを送っておこう

Googleドライブ(パソコン導入編)

これまでGoogleフォト利用のおススメをしてきたが、更にはパソコンを中心に操作するユーザーにとっては、便利なクラウドストレージ(オンラインストレージ)と称するGoogleドライブアプリの推奨となる。。
クラウドストレージにはDrop boxやAppleのiCloudドライブ・MicrosoftのOneDriveなど他にもさまざまなものがある。

GoogleドライブフォルダーにはGoogleフォトのフォルダーを表示させることができるのだ。。
フォトフォルダーについては、あくまでWeb上に保存しているものが表示されるという形なため、ドライブの5GB制限には影響はないGoogleドライブのフォルダーから画像の操作が直接できるわけなのだ。どれだけ便利なんだっGoogleっ\(^o^)/

それでは、Googleドライブをパソコンにインストールしてみよう!
Googleにログイン→アプリボタンより[Googleドライブ]をクリック!
Googleドライブ画面→歯車のボタン「設定」をクリック!
[Googleフォトフォルダを作成する]項目「Googleフォトの写真をマイドライブ内のフォルダに自動的に追加します」にチェックを入れて(クリック)[完了]

再度歯車ボタンより「ドライブをダウンロード」をクリック!

ダウンロードサイト→[ウィンドウズ版をダウンロード]をクリック!
利用規約を読み[同意してインストール]をクリック!

下部にダウンロードバーが出るので[実行]をクリック!
(インターネットエクスプロラーの場合)

インストール進行~完了まで暫く待つ
インストール画面を閉じるとドライブの設定がスタート!
[開始する]をクリック!
ログイン画面が表示されるので指示に従いログイン!
ステップ内容画面が表示されるので[次へ]ボタンで進めていく


これが通常の完了画面だが…

既にドライブ内にフォルダーやファイルが存在する場合は、下図の完了画面の表示となるので、[続行]をクリック!

[完了]ボタンをクリックすると、通知領域にドライブアイコンが表示され同期がスタートし、同時にGoogleフォルダーが開く


Googleフォルダーを開くと、年毎のフォルダーが自動作成されるが、全てのフォルダーの確認できるまでに時間を要すので、暫くパソコンは起動したままにしておくとよいだろう!

パソコンを起動すると同時にGoogleドライブが起動し、自動で同期を始めてくれる。。
但し、画像についてはすぐに反映を求める場合、Googleフォトも起動していることが条件となるので、スマートフォンやパソコンについてもGoogleフォトの起動が必要

年代フォルダーの中にGoogleフォトのバックアップした画像が表示されるので、通常のフォルダー操作同様に画像を扱うことができる
当然、フォルダー内で削除した画像はGoogleフォト内でも削除され、Googleフォト側で削除された画像はフォルダー内でも削除される。

Googleフォトを利用しよう(パソコン導入編)

スマートフォンやタブレットにGoogleフォトを入れることで撮影画像のバックアップができることは[モバイル導入編]で紹介済みだが、パソコンにもGoogleフォトを入れておくことで、パソコン内の画像やカメラ・SDカードの画像をもバックアップしておくことができる
ぜひとも連携アプリとして、パソコンにも導入しようっ

Googleアカウントをお持ちの方はGoogleにログインして、Googleフォトにアクセスしよう!
まだお持ちでない方は、アカウントを作成しよう!
作成法については以下より

先ずは、Googleフォトにアクセスしてフォトの内容を見てみよう!

既にスマートフォン等でGoogleフォトの利用を始めていると、フォト一覧が表示⇒年月で分けられており、画面右側にマウスを持っていくと年月が目盛のように表示され、ジャンプすることも可。。
これだけでもありがたいことだね☆ところがこれだけではない
画像の編集(削除・切り取り・効果など)やここから直接SNSへのupなども可能..まぁ、編集等に関しては、また後程紹介するとして、先ずは続けて画面上の機能を確認しよう因みにスマートフォン画面も同様の機能。。

左側にある3個のボタン(*スマホは画面下部)の内、通常Googleが表示しているのは、真ん中の[フォト] 一番上の[アシスタント]ボタンをクリックしてみよう
バックアップの完了やアルバムや動画など、Googleフォトによる自動作成がされると通知が表示される。
ここでは、画像を選択していくだけで、簡単にアルバムやコラージなどの作成ができる頼もしい限りだが、Googleは画像情報から勝手に自動で作成してくれるのだよ☆これはすごいぞってなもん。。

次に[アルバム]をクリック!自動で作成されたアルバムが確認できる。。
但し、これは先ずもってはアシスタント画面で[アルバムに保存]などの操作をした後となるが…

という具合に、非常に便利であるということの確認はできたかな

それでは、Googleフォトアプリをパソコンにインストールしよう
画面左上の[Googleフォト]ロゴ横の三本線をクリック!

一覧一番下の「アプリのダウンロード」をクリック!

ダウンロード画面から左[ダウンロード]ボタンをクリック!
画面下部にバーが表示されるので、[実行]をクリック!
(↓クリックすると拡大表示↓)

[同意する]をクリック!(↓クリックすると拡大表示↓)

インストールが始まるので暫く待つ
インストール完了後、バックアップアプリが起動する
[続行]ボタンをクリック!

バックアップをするフォルダーを選択し、写真サイズは「高画質」とする
不要なフォルダーはチェックをはずすとよい!


[バックアップ開始]ボタンをクリック!
パソコン内の画像のGoogleフォトへのバックアップが開始される
パソコンの通知領域にアプリが常駐し、自動でバックアップを取る
このアプリは、あくまでバックアップを取るためのものなのでGoogleフォトへのアクセスをする場合は、アイコンの上で右クリックしてメニューよりアクセスしよう!

尚、カメラやSDカード・USBメモリーなどの媒体(外部記憶装置)を初めて接続すると「バックアップをする?しない?」のメッセージが表示

[常時][バックアップしない]を選ぶとその後は接続する度に問い合わせはなくなる。
また、[今回のみ]または[×]で画面を閉じた場合は、毎回メッセージが表示される。接続する媒体によって選択をするとよいだろう。。

これで、カメラからの画像の取り込みも格段に楽になるだろう
但し、コンテストなどに出品したり撮影画像のプリントをされるユーザーは、原画をパソコンなりDVDなどにきちんと保存することをおススメする。Googleフォトに保存される画像は、若干画質が落ちることが前提であることを認識しよう
ただ、元々カメラ撮影される画像は、圧縮された形式(JPG)で保存されるので、Googleフォトの画像との大差は感じられないというのが正直なところ…
*RAW という形式の撮影画質そのままで保存されるデータとして取り込みたいカメラのプロユーザーはGoogleフォトには直接保存しない方がよいだろう!

以上、パソコン用Googleフォトインストール編となる。。
パソコン編では更にGoogleドライブのインストールをもおススメする。。

Googleフォトを利用しよう(モバイル導入編)

画像の管理って、面倒。。溜めれば溜めるだけ、整理がつかなくなる…
それを解決してくれるのが、Googleが提供しているGoogleフォト。。最近では、生徒さんたちにも超おススメをしている次第

Googoleフォトは、スマートフォンアプリを入れておくことで撮影画像を自動的にクラウド(インターネット上)にバックアップ(コピー保存)してくれるという優れもの…しかも無料サービスにて無制限に保存ができるっ
魅力的すぎるぞっGoogleバンザイ\(^o^)/
そして、どこからでもアクセスできるため、パソコンとの連携が非常に楽になるいやはや、当方もこれのおかげで画像管理がかなりスッキリ
しかも、バックアップ画像は画像情報よりGoogleフォトの方でアルバムや動画(スライドショー)・コラージュなどを自動作成までしてくれるという何ともありがたい代物☆☆

Android端末(初期の頃のらくらくスマートフォン以外)には、Googleが提供しているスマホOSなため、元々フォトアプリが入ってるのだから、当然使わない手はないっ
そして…iOS端末だが、こちらはiCloudを利用することが当然のようになっているけれど、無料で利用できる容量は5GB。。動画なども保存してしまうと、当然足りなくなってしまうわけで・・
そこで、iOSでもGoogleフォトの利用をしようっ!というわけである。
App Stoaからアプリを入れてしまおう

アプリを入れて、指示に従い…設定を行っていくのだが…
その前に…Googleアカウント(Gmailの登録)をお持ちでないユーザーは、先ずは、Googleアカウントの取得をしておこう!
Googleアカウントの取得法については…以下にて紹介。。

Googleフォトを起動⇒「始める」をタップ⇒ログインを求められる
ログインする

 

 

 

写真へのアクセスと通知送信の許可を求めてくる
それぞれに「OK」と「許可」をタップして進める
 
バックアップについてはモバイルデータ通信を使用するとデータ通信量に影響するので、OFFがおススメ! [続行]をタップ
アップロードサイズは、無制限のためには「高画質」を選択のこと!
 
この後に2つほど、操作を紹介する画面を経て、
スマートフォン内画像のバックアップが始まる。。後は待つだけ…

バックアップ完了やアルバムなどの作成があると、フォトアプリアイコンやフォト内のアシスタントに通知表示される。。

Googleフォトにバックアップされた画像は、パソコンからも確認操作ができるため、スマートフォンを接続したりSDカードによるパソコンへの取り込みをする必要がなくなるというのも非常に便利だね

この過程が煩わしいなどと思わずに…ぜひぜひ、利用してみようっ
劇的に画像ライフが楽になること間違いなしっ

Googleを活用しよう!

Googleのさまざまなサービスを利用することで、現代のICT(Information and Communication Technology)ライフもかなり便利なものとなる
Google…、ぜひとも大いに活用をしようではないですか☆
特にスマートフォンやタブレットをお持ちの皆さん、意外と知らない便利な利用法…伝授しましょう!
Googleアカウント(会員証)をお持ちでない?それなら早速アカウントを取得しようっじゃないですか
…というわけで、先ずはアカウント取得法を紹介しようっ
パソコンの画面での操作となるが、スマホもタブレットも全く同じ操作となる由にて、心配に非ずなり

「Google」と検索(Google画面がホームユーザーは不要)し、Google画面右上[ログイン]クリック!
*マウスポインターは矢印だが、わかりやすいように指アイコンで表示

ログイン画面下部[アカウント作成]をクリック!

登録画面:下図の赤枠の箇所を入力
[次のステップ]をクリック!(↓クリック↓で画像拡大)

個人情報と利用規約に同意する(*しっかり読むこと)
難なくいけば「ようこそ!」画面が表示登録完了となる☆
[次へ]行くとGoogleのTOP画面となる。。
さて、ここでスムーズに上図の画面が出ればよいのだが…
登録内容の基準が何か?は不明であるけれど、携帯メールまたは電話番号でのアカウント確認のコード要求が出る場合がある
-1.携帯メールの場合パソコンのメールを拒否している可能性もある為、電話番号がおススメコード受け取り方法を「音声通話」に変えて、電話番号を入力する(固定電話でも携帯電話でもOK!)
[次へ]をクリック!(↓クリック↓で画像拡大)

-2.電話がかかり、音声でコードが通知されるので、そのコードを入力し、[次へ]と行けばの「ようこそ!」画面となり無事登録完了☆

アカウントの登録ができたら、晴れてGoogleを利用できる
Googleのサービスは、メール(Gmail)・カレンダー・地図・フォト・クラウドドライブ他…さまざまに生活に密着した便利さを実感できるので、ぜひ活用しましょう

この後、非常に便利なGoogleフォトを利用する方法を紹介しよう

 

クローバーポートは女性を応援します