Photo Express for Googleが使えないっ!?( ;o;)

困ったもの😩
Clover portのオーナーブログでは、サイト軽量化のために、
WordPressプラグイン”Photo Express for Google”を用いて、画像一覧を表示させていた。
ところが、Google 仕様変更につき…使えなくなったもよう。
「Response code is 400」と表示されて、取り込みたいアルバムが表示されない😭

その為、いくつか記事にはしていたのだが、公開を控えていた次第。
それに代わるものを探していたところ、何とか妥協できる操作しやすいツールを見つけたので、ようやく一気に公開😅

え・とせとら
Clover portのオーナーサイト”え・とせとら”【なんでんかん...たい!】ブログ 他…おススメやお役立ち情報順次掲載中♪✎新着ブログ✎Clover portブログ新着

アルバムは、表示したいものだけを選択できないし、18枚までの制限ありだが…
まぁそれでも画像をサイトにupするよりは、軽量化を保てるのでヨシとして、起用することに。。
19枚以上の掲載をしたい場合は、アルバムを18枚ごとで作成しておけばよいだけのこと✌

もし、当方のように代替ツールをお探しの方にはぜひにおススメ😉

フォトエンベッドメーカー:Google フォトのWordPress埋込用コード生成
Googleフォトで共有した画像やアルバムをWordPressの記事へ埋め込むためのコードを生成するWebサービスです。アルバムを簡単にタイルギャラリーやスライダー等の形式で表示することが出来ます (^^)


使い方も表記されていて、わかりやすい☆☆
が、Googleフォトで共有リンクをGetしてきて、貼り付けてコードを作成という実に簡単な操作である。
コピーしたコードを投稿テキスト画面に貼り付ければよいだけ👌

但し、規定では画像を大きく表示したときのスライド(スワイプ)表示が不可。
それについては、別途jsファイルの追加となるが、以下に説明があるのでその通りに操作すれば🆗

WordPressでPhotoSwipe対応のGoogleフォトを表示する方法
WordPressでGoogleフォトで共有した画像やアルバムをタイルギャラリー等の形式で埋め込んで PhotoSwipe に対応する手順を紹介します (^^)

コメント