Windows10は22H2が最終Vr.

今月4日にWindows10のバージョンが、残念なことに…

2022年度にアップグレードされた22H2が最終である!

ことが公示されました。。

いわば、Windows10は2025年10月14日サポート終了まで、

大型の仕様更新をせず、現状維持で、

月1のセキュリティ更新プログラムの配布のみとなります。

 

Windows10を安心安全に利用し続ける上で、月1の更新による
再起動の通知は、無視せずに必ず行ってくださいね💻

 

Windows 10、Version 22H2 のサポート終了日の更新 - Microsoft Lifecycle
Windows 10 Version 22H2 のサポート終了日の更新についてのお知らせ

尚、Microsoft Officeにもサポート期限があります。

サポートの切れたOfficeもWindows同様にセキュリティ上の危険が伴います。

マルウェアやウィルス感染
フィッシング詐欺やなりすまし被害
個人情報漏洩の危険性
できたら、最新のOffice2021かサブスク定額制の365への買い替えをおススメします。
…が、インターネットを利用しないのであればそのまま利用は可能です。

バージョン リリース メインストリーム
サポート期限
延長サポート期限
Office2010 2010/7/15 2015/10/13 2020/10/13(*サポート切れ)
Office2013 2013/1/9 2018/4/10 2023/4/11(*サポート切れ)
Office2016 2015/9/22 2020/10/13 2025/10/14
Office2019 2018/9/24 2023/10/10 2025/10/14
Office2021 2021/10/5 2026/10/13 なし

メインストリームサポート
セキュリティ更新プログラムの提供(脆弱性やバグ解消),追加機能の更新など..
主だったサポートを行なう
リリース日から、最低5年間付与されている

延長サポート
セキュリティ更新プログラムの提供(脆弱性やバグ解消)のサポート
メインストリームサポート終了日より2年~5年間の付与
Office2021から延長サポートはなくなった!

コメント