「健康/病」カテゴリーアーカイブ

そして…平和が訪れた。。

昨夜も一晩中大変だったっ!!
午前1:00に例の迷惑患者のナースコール嵐で目覚めるっ!
看護師さんの足音も奴メの声もそして奴自身の徘徊の足音も…
看護師さんに訴える内容は、
「死者がうるさくて眠れんけん、**先生(精神科)に電話して薬もってきてもらって!」
更には、どっか(多分母親?)に携帯電話をかけて死者がうるさいのでお祓いしとってとか…

結局、夜明けまで一睡もできず…
何かあったらコールしてと言われてはいたものの、コールは奴メがしているわけで、その時点で既に迷惑だもんねぇ~(苦笑)

今朝は今朝でワンワン泣き出す始末…
もぅ、最後までよぉ~わからん状態..

まぁ、所謂精神も病んでいたようで、検査を前に不安もいっぱいありぃので、ぐちゃぐちゃになったのだろうなと少々同情はあったものの、多分に彼女の性格が災いしての結果なのだろうなという気もする。

先ほど、リハビリから戻ると移動の準備をしていた。
「えぇ!?また動くのぉ?」と不満そうに叫ぶ..
看護師さんが
「師長さんから話があったでしょ?」と言うと、
「知らんっ!そんな話聞いとらんっ!」と叫ぶ。
そこは看護師さん、さすがっ!の対応‥
「ほら、大きな検査をするでしょ?だから詰所の近くのほうがその後の○○さんをすぐに診てあげれるでしょ?だからねっ」

これまでの看護師さんたちの一連の対応を見てて、すごいなぁ~と感じたのははらわた煮えくり返るほどだろうに、にこやかにきちんとそれぞれに対応されるその姿に、正に天使だよねっ!と…
問題患者も然ることながら、クレーム申した側への配慮もすごくて…
頭が下がる思いだったってこと。。

この姿は、わがことにも反映させるべき反省点でもあるよね。
さまざまな生徒さんたちがいるので、対応それぞれなのだが…
時にぞんざいな気分になって、態度に出てやしないかと、後で反省してしまうことがよくあるんで(苦笑)

朝1に抜糸をして貰い、念願の初のお風呂でスッキリ!(^o^)v
浴場も立派だったぜよっ!

…帰室したら、既に替わりの患者さんが移動してきてた..
部屋が急に若返った感^^;^^;
ってか、anego古参になっちまったぜぃ!(苦笑)

雰囲気もいい感じなり(^^)v(^^)v
平和が戻ってきたぞぃ!

でも…でも…ちょっぴり罪悪感も。。
だって、移動先で例の患者が迷惑をかけているのでは?
それって、anegoのせいだもんねぇ~
ただ、詰所が近いので看護師対応が即座にできるから抑制にはなるのかな?

ついに…直訴っ!

症状が辛くて不安になっている新患さんに、慰めの言葉をかけながら、ちゃっかり自己紹介に始まり家族のことやらこれまで誰彼なく話してたと同話題で勝手に盛り上げ、挙げ句は相手のことも聞き出すという。。
素直そうなんで、辛そうにしながら相手をしている彼女がカーテン越しに気になったことと、点滴などの処置にスタッフが何名もあるなかでも声かけるし、カーテン閉まった挙げ句にはまた携帯を始めるという。。

看護師さん、そこ…注意しないとっ!?

さすがに堪忍袋の尾が切れたanegoずらっ!!
詰所に行き、師長さんを求めたのだが、不在だった為主任クラスの看護師さんに一部始終を訴えるっ!
奴のことを切り出すとやっぱりそう?みたいな顔をされたので、問題の患者だったってことだねっ!
昨夜からの一連の騒動をすべて吐露..

ご迷惑かけました。我慢しとられたでしょ?
注意しますが、部屋移動希望しますか?と尋ねられたので、できれば~と答えましたけれど、抜糸したばかりだったので無理とのこと。
「私たちは、傷病で静養に来ています。うるさすぎるので、とにかく静かになるなら構わないです」とお願いした次第..
話すだけで姿勢を正すやろうか?と、不安に覚えつつ部屋に戻り、できるなら移動してほしいけど、移動したばかりだから無理やろうなぁ~と、悶々としていたところ、暫くして奴めが師長の呼び出しを受けるっ!
さてはてどうなるやか??と、思っていたら先ほど訴えを受けて下さった看護師さんが
「今、師長が話をしています。その後、彼女を移動させる予定です。」
と、伝えに来てくれたよぉ\(^o^)/やったぁ!

そして、正に今…
師長さんが来られて深々と謝罪され、明日の検査が終わったら部屋移動するとのこと。
話しはしているので、今宵一晩だけ辛抱をお願いしますねとのことで、何かあればすぐ看護師を呼んでくださいと…
『いやいや、移動してくれるならもぅ一晩位がまんしますよっ!』
心の声…^^;

そして…更にまだまだあるよ…で、次へ続く..

2週目…受難その1

anegoの病室は、4人大部屋…
そりゃ、片手内輪できる位儲かってれば個室を望むさね^^;
まっ、そんな訳で同室者がいるわけだが…
anego以外、殆ど寝ておられるご高齢の所謂ばっちゃまばかりなり。。
よくしゃべる陽気なばっちゃまに耳の遠いばっちゃま、そして点滴も薬も食事も嫌がる唸るばっちゃま(苦笑)

まっ、特段交わすこともないし互いにカーテンは締め切ったままやし、
殆ど寝ておられるし、干渉もせずに平和で静かな1週間だったわけさ。。
ところが、陽気なばっちゃまの容態が急変し、急遽病室移動となる!

替わりに新たな入室者が他室より移動してきた次第。
相当に騒々しい患者であるっ!
見舞い客をゾロゾロ連れてワイワイ長居の挙句の果ては、元部屋で仲良くなったらしいばあちゃんを連れ込んで、またもや延々と下らない話三昧っ!どうも看護師だったらしくその頃の自慢?的話…
この病院の看護師の注射が下手など批判してるし…いや、それは確かにそうやけど、私も点滴2度失敗されたし、目の前のばあちゃんも今日は3度失敗されてたし(苦笑)
だけど、それにひいて自分の自慢を声高らかに病室で話すなよっ!

それが終わったら、平気ででっかい声で携帯で喋り捲るっ!
携帯は談話室でする決まりになってる…が、動けない人などもいるし、そこは甘んじるものの、彼女は思う存分動けているし…
声が小さいならまだ許せるが…いいかげんにしてくれっ!
音が大きいと唸るばっちゃま、こんな時にこそ唸ってくれよっ!
と、心の中で懇願したものだ。

夕食時にまたもやでかい声で携帯始めたぜっ!…(3度目だよっ!)
仏の顔も三度まで。。あったま来て、(ーーメ)
「すみませんけど、携帯…病室で止めてもらえます!?」
と、さけんださっ!!
ったく、常識なさすぎるやろっ!
電話口で自分は看護婦だったから、自分の症状は自分が一番詳しいのに母に電話したらが冷たい反応だったとかなんとか…(知るかっと相手も言いたいことだろうという位に延々と..)うるさいのなんのっ(ーー)
元看護婦やったら、病院のマナーくらいわかってるはずやんっ!とも叫びたかったが(苦笑)
小さい声ですみませぇんと、慌てて出て行ったけどね。。

もぅ、変な人が入ってきたもんだ。。
唸るばっちゃまはいても、今まで静かで平和だったのにぃ~
看護師さんも捕まえまくって自分の話ばかり…
隣の患者さんのとこに来た看護師さんに自分の症状を話しかけるし…
あちこちちょいちょい動き回る…
そんなんで、夜勤の看護師が挨拶来た時に、丁度いなかったわけさ。。

ここで、落語のような笑い話が生じる———-
どこやらか戻ってきた新顔が唸るばっちゃまのベッドへいき、
新顔:「夜勤の看護婦さんは来た?」
ばっちゃま(けだる気)「はぁ、さぁ~~」
新顔:「明日の生体肝検のことを聞きたいんやけど夜勤の看護婦さんはもう来た?」
ばっちゃま(けだる気)「はぁ~誰が検査する?」
新顔:「わたしよ!不安だからきいとかないかんけど…」
ばっちゃま(けだる気)「はぁふぅん わからん‥ あんたがね?なに?」
新顔:「私は、今日ここに新しく入った○○なんよ。よろしくね」
ばっちゃま(けだる気)「あぁ~~よろしく」
新顔:「だけん夜勤の看護婦さんは?」
ばっちゃま(けだる気)「あたしゃ、ねたきりやけん」
新顔:「・・・・・・・・…
———–
こぉんな噛み合わない会話に吹き出しそうになるも…
次なる迷惑行為勃発っ!

耳の遠いばっちゃまが洗面台(迷惑患者のすぐ傍)に来たとこを捕まえて、
話し出したっ!お互いでかい声となり…同じ話を何度も繰り返す
いちいち説明せんで良いのに自分の病気のこととか家族の話しとか。。
そこでわかったのは、声は老けているのに51歳となっ!?
所謂、anegoより若いっちゅぅわけやんっ!
娘は24歳で目がぱちくりして可愛いのに彼氏ができんとよぉ~
…って、知るかっ!初対面の他人してみればどうでもよい話だよなっ!

そこで、ついに唸るばっちゃまが切れたっ!
「うるさい!!」と叫んだよ!おっ♪と期待したけど、
何事もなかったかのように続く…..
ばっちゃまが3度ほどうるさいを連呼したとこで、声が三つ巴となり騒音そのものとなり、たまらず「静かにしてください!」と、anego…叫ぶ!

一旦止まるものの、また話し出す。
再び三つ巴…いい加減にしろよっ!と、なースコールボタンを握ったら、ようやく何とか沈静化のもよう…
耳の遠いばっちゃまは仕方ないにしても、新顔患者のやつメ…と、怒り心頭のanegoであるっ!

…で、耳の遠いばっちゃまはわざわざ謝りに来たのだが、新顔はなにも言わず、また室外へ出ていってしまったっ!

はぁ~!!静養に来てるのにストレス登場でぃ!の巻。。

次へ続く…

手術から1週間経過..


粋だよねっ!クリスマスには…こんな配慮
冬至の時には、かぼちゃのゆずの料理が添えられてたし~
食事も旨いし、上げ膳据え膳とはまさにこのこと
いやいや…ちゃうでしょっ^^;

てなわけで…
退屈の嵐の中なりにもお楽しみもあったり~~と…
何だかあっという間に1週間が過ぎた感

順調な回復の中にも時折現れる痛みとこわばり。。
まっ、それもそれなりの回復の経過やろうと開き直り…
今はリハビリに励む日々と読書三昧の時間を愉しむ♪

内部業務をするつもりでパソコンも持ち込んだものの…
環境のせいか?どうにも集中できない
まぁ、やりたいことはできたので良しっとしようっ

合間にLINEで友情を温めたり、家族とやりとりしたり~
今やホンマ…便利な時代やねぇ~(笑)

スタッフと教室の生徒さん方がお見舞いに来て下さったのも
超うれしかったなぁ

昨日は、談話室で生徒さんたちとスマホミニ講習会のような状況に笑っちゃうよねぇ~~(笑)たのしかったぁ♪

忙殺を快感とするanego…
たまには、こんな状況になってみるのもイイのかも~~
さて…今週末には、幽閉生活からおさらばできるかな?
なぁんもすることのない年末年始…人生初かもね(爆)
思い切り、甘えちゃおぅ

それにしても古賀21の施設の充実さはすごいわぁ~~ 😯
談話室もあるので、見舞い客とのおしゃべりも存分に楽しめるし…
リラクゼーションルームというゆったりとした空間の中で時間をつぶせるってぇのもあるんだぜぃ
ここではパソコンも繋げるので、今こちらを利用してゆったりとブログupした次第..
病室だとルーターを持ち込んでいるものの、何となくねぇ~
接続も悪くなるし‥集中空間ではないかな(^^;

ほんと‥ホテル並みの施設だなぁ☆

anegoの年末は…

予想だにしなかった入院生活中…(^^ゞポリポリ。。DSC_0100
相変わらず、血管細いで何度も刺される(苦笑)
今回は3度で済んだのでホッ(^_^;)DSC_0096
1年ほど前より痛みはあった。。けど、整形外科ではどうもないとレントゲンすら撮って貰えなかった。。5月に転倒時に撮って貰った別の整形外科ではやっぱ異常なし。。でも、エコーでは軟骨が少し擦り減り変形が始ってる所謂加齢といわれる。。
納得のいかないまま、膝の痛みを抱えたまま整骨院に通う。。
そして…10月末、あがりのストレッチの最中に膝に違和感がぁ~
と同時に激痛っ
そこから歩行に障害が出るわ…座ることもできない…
それでも暫くは整骨院でやり過ごす。。
だが、さすがに仕事に支障を覚え、再び整形外科へ
昨年、相方鍵盤断裂の手術をして下さった医師を頼りに。。
結果は、な・なんとっ半月版損傷っ
ん?骨は?異常なしっ!軟骨の擦り減りなし‥あの診断はなに?
加齢ではありましぇ~~んじゃないですかねっ!ったく

てなわけで、最後の講座を最終とし業務収め‥19日に入院っ!
20日に手術となった次第。。びっくりぽんっざんしょ(^_^;
cb050dfc-4384-4a00-bf8e-73c293d6ce1a
手術当日の夜は、痛みとの闘い…膝も然ることながら持病の腰痛がぁ~~座薬で凌ぐ(苦笑)
昨日より、鎮痛剤を投薬につき痛みもだいぶ和らぐ。。
早速のリハビリ開始で歩行練習☆
まぁまずまずのいい感じに回復中…
今朝ほど、消毒と共にでっかい包帯と副木が取れる..
内視鏡術によりこぉ~~んなに小さな傷じゃぁあぁりませんか…(^_^;)
DSC_0106
テープに変わってスッキリだけど、ちょっと足元不安な感じDSC_0109
てな具合で、手術後2日目なり..
走る夢ばかりみているこの2日痛みで目が覚めるさっ!(苦笑)

日中の暇な時間は、来年以降の仕事の準備としようっ!
と、ノートパソコンやらiPad、他タブレット等の持込み(笑)