「anego的撮影…」カテゴリーアーカイブ

伊藤伝右衛門邸…よ~やく行けた(^^)v

朝の連続ドラマの「花子とアン」の影響はいかばかりかっ
人の多さにびっくり!(苦笑)こりゃ、平日来ればよかったぁ!と
何でも、例年の10倍の来場者数だとのこと…
折しも、帰宅後のテレビのニュースで流れていた。。

白蓮を喜ばせたいという伝右衛門の思いが詰まった屋敷ということがよくわかる。。
邸内における1つ1つが最高の資材にみごとな細工の数々で出来上がっており、実にすばらしい芸術といえる…
襖には沖縄の芭蕉布が使われ…現代に至る今も立派な状態で残されている。大広間の天井資材もなどは3,000万は下らないだろうと云われるものであり…
廊下の天井は、やはず天井と云われ傾斜しているかのごとき細工がなされるなど、高度な建築技術なども各所に備わっている。
画像ギャラリー(*クリックするとスライドで閲覧できる)

春~初夏にかけては…るん♪

桜も散り、青空と若葉の彩りやそして…
さまざまな花々が咲き乱れる庭先や道端の小さな花々を愉しむ
春の散歩2川べりで戯れてみたり…
春の散歩1
1時間余りを歩くと、うっすらと汗をかくが…それもまた心地よい☆
秋が好きだが、やはりこの季節もよいものだと味わう夕刻の日々なり。
四季を堪能できる日々に浸り、実に良い環境に恵まれてるなぁ~
と改めて、ありがたく思う