カテゴリー別アーカイブ: Windows

Windows 10 Creators Update…いいのか?悪いのか?

4月にリリースしたWindows 10 Creators Updateがどんどん我々のところまで降りてきて、ついに当方のマシンも勝手にUpdate(苦笑)
Windows10では、Updateが規定では自動になっているため、停めることもできずになすがまま…状態。。(‘_’)

新機能も増え、クリエーターの皆さんには喜ばしきことなのだろうが…

同じWindows10ユーザーでも、マシンにとってはこれがとんでもない不具合を起こすことになろうとはっ!?というところでもあるっ!

4月にリリースしたものの、今に至っているというのも一部のシステムに不具合が生じることが判明して、ここまで延び延びであったという事実もあるようだが、否っ!?この不具合…決してまだ解消されていないっ!

…という経験を今体験したばかり(苦笑)
まぁ、ひと先ずのところ当メインマシンにおいては、異様にフォントが小さくなりすぎて、そのフォントサイズが以前のようにテキスト単位で変更できないっ!という事実にぶつかり大いなる不満はあるのだが…マシン自体がどうのという不具合はない。。
問題が起きたのは、相方のマシンであるっ!
Updateが終わった途端に、ネットワークに接続ができなくなったのだっ!( ゚Д゚)
有線無線共に、ネットワークアダプターにエラーが生じ、ドライバーの入れ直し及び更新などを行っても復活できないっ!(涙)
そればかりか、デバイスマネージャーには、ネットワークのみならず、あらゆるデバイスに「」についているという状態っ!?
なんだよっこれはっ( `へ´)…である。。

即座に、Windowsを前のバージョンに戻すっ!
それにより、無事元の健常な状態に戻ることができた(^^)v
もしも、Windows 10 Creators Updateにより不具合が出た方は、戻すことをおススメする。戻す方法は以下のとおり。。尚、戻せるのは10日以内なので戻す場合は、お早めに…
スタートボタン👉設定

設定:回復👉開始する

理由をチェック及び入力👉[次へ]

チェックはしなくてよい

読む👉[次へ](2画面)

[以前のビルドに戻す]をクリック! 以上で、3分~10分程度待てば前のバージョンに戻る☆
マシンの状況次第では、もっと時間がかかることもあるようだ。

尚、戻してもまたUpdateは入ってくるだろうっ!
Windows Proでは手動更新に変更することができる方法があるので、以下サイトを参考にするとよいだろう!

Windows HOMEの場合はツールをインストールすることで可能!
(相方マシンは設定)

さて、サブマシンのノートは如何に?てなとこである(苦笑)
想像するにWindows7からWindows10にUpdateしたマシンに不具合が生じる可能性が大であるのでは?と思われる。。

Windows Vistaサポート終了間近っ!

皆さんのところにもプロバイダー辺りから通知が届いているのでは?
2017年4月11日(日本時間4月12日)でMicrosoftによるWindows Vistaのサポートが完全に終了となる。。
Windows XPのサポート終了の時もそうだったが…勘違いされるのはパソコンが使えなくなってしまうのかっとの勘違い…
パソコンは引き続き使えるんですよっただ、インターネットに繋ぐと危険だよっって話…
基本、月1間隔でWindowsのアップデートとやらがあり、時に異常にパソコンが遅くなるという現象に誰しも出くわすことがあるだろう!
そのアップデートとは、なんぞや意外に未だ知らないユーザーも存在するのだが…(苦笑)
アップデートは、Windowsに限らず、さまざまなアプリ向けに施されるものである。システムを危険から守るのが目的でプログラムの穴を塞ぐためのパッチプログラムが定期配布されるもの。。このパッチをあてがわないと、穴めがけてマルウェア(悪意あるプログラムやコードなど)が仕掛けられてしまうわけだ。。大変にありがたいサポートなのだ。。
詳しい情報などは、BBIQの紹介がわかりやすいかと

所謂、今後Windows Vistaはそのサポートから外れてしまうよっ
というわけである。
セキュリティソフトなどもサポート外となっていく。。そんなんで、新しいパソコンの購入おススメなども来ているのでは?
今の時代、スマホやタブレットの普及に伴い、我々のように仕事での必要性がないユーザーにおいては、パソコンのNet利用は減少の傾向にあり、文書作成などNetに無関係な必要最小限の利用であれば、無理にパソコンの買い替えに乗っからずともVista活用で充分だと個人的には思う次第

さて、どうしてもメールなどを利用している為、Netに接続したいよっというユーザーに向けて、ひと先ずは今後のVista対応のセキュリティソフトの情報を掲載しておこう!但し、セキュリティソフトは是非に完璧ではないことを踏まえて、あくまで自己責任ということでm(__)m
ウイルスバスター(トレンドマイクロ社)
「市場における Windows Vista 環境のシェア等を考慮した結果」ということで、サポート期限が切れてもサポート・更新を続けていくと発表!

Norton(シマンテック社)
Windows Vista継続サポートについてはアクションがないが、以下の通りWin XPのサポート継続はしているもようなので、今のところは…
ウイルスセキュリティZERO(ソースネクスト(株))
終了宣言あり
avast(無料)

他社におけるサポート継続のアクション掲載は確認できず…
現在、以上となる。。
————————————
最新マシンは欲しいが…そこまでは手が出ないというユーザー向け
VistaマシンはWindows10を新規インストールすることができるスペック(仕様)である。現に、当マシンはWindows8を新規インストールし、Windows10へアップグレード確認済み。。
但し、システム要件の確認要

————————————
VistaマシンのままNet環境が欲しいというユーザー向け
Linux OS等でのマルチブート(1台のパソコンに二つの基本ソフトを入れて交互に利用する)をおススメする。
因みに、当方はWindowsXPマシンにLinux系のPuppyを入れている。
至るまでには、多少の苦労はあったが…問題なく稼働中

最新マシンに手を出すか…Vistaマシンを活かし続けるかはあなた次第。。
一般家庭であれば、マシン自体はそれほどボロボロではないかと思うわけで、活かせる道があるならば~を前提にの今回の記事となる

Windows10初の大規模アップデート

11月にリリース!Windows10初の大規模アップデート
OSの基本的な部分のアップデートでもある為、
1~2時間かかる場合も…(苦笑)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151113_730389.html

大きな目玉としては…
fingerコルタナ(検索機能)…日本語版が使用可能となる
fingerEdge(Win10用インターネット閲覧ソフト)の性能upと機能改善等
代表的な面は、パソコンと他の端末(Windows10スマホ等)での
お気に入りやリーディングリストの共有ができる

以上は、情報を得てはいたのだが…いつ通知が来るのか?
と、思っていたら、
ナ・ナント!? 元日の昨夕に突然、updateの案内表示!
まぁ1時間もかからなかったかな。。^^;
相方のマシンは未通知だったのでWindows up dateの確認で操作☆
もし、通知が来てない方は以下の方法で確認してみるとよい♪
1.スタートアイコン⇒設定
設定
2.「更新とセキュリティ」をクリック!
設定2
3.[更新プログラムのチェック]をクリック!
更新のチェックが始まり、Windows10アップデート云々と説明が出て、日時を決めて再起動アップグレードするか?今すぐ再起動するか?と聞いてくるので、選択する。当方は、昨日今すぐ~にて^^;
設定3
てなわけで、2016年に入りWindows10最新バージョンに変わる☆

…で、変わった面としての確認だが…
fingerスタート画面のアイコンのサイズ変更に「中」が増えた
サイズ

fingerコルタナについては…
虫眼鏡アイコンが下図のようなに変わった!
コルタナ
音声はMicrosoftアカウントを持っていないと使用不可だが、これまで通り、文字入力検索でもOK!サインインしていない状態で、コルタナをクリックすると…以下のような案内
コルタナ2
次へといくと…諸々説明^^;
コルタナ3
サインインを促すメッセージ
コルタナ4
但し、アカウント設定の生年月日より判断し、20歳未満だと以下のようなメッセージが表示され使用不可
コルタナ5
サインインができていると…以下のような画面
コルタナ6
但し、パソコンに音声内臓がない場合はマイクの接続が必要となる

fingerEdgeでは…別のタブで開いてるサイトのサムネイル表示ができる
Edge

finger色つけ
画面下部のタスクバーや起動中のソフトやウィンドウのタイトルバーに色がつけられるようになった為、アクティブ(一番上)ウィンドウがわかりやすくなったかな・・(笑)
色2
finger色の設定は…
設定
設定内の「パーソナル設定」より操作。。
色
現在、確認できた変更点は以上かな。。
まっ、コルタナ等はWindows10搭載のスマホやタブレットには便利な機能だろうとは思うが、パソコンにおいては余り気がつかないような機能の変化かな?
また、今後の更新で色々と機能もupしていくことだろう!

Windows10ユーザーの皆さんにお役に立てば幸いなりm(__)m

ゾンビWin10アイコン撃退に便利ソフト登場っ!

w2Windows10アップグレードを欲しない方向けにアップグレードを促すアイコンの通知における設定を紹介したのだが…
Windows10通知非表示並びに非適用対策法
なんということっ!?これが、効かないっ(;´Д`)
パソコンを再起動すると、やっぱりこやつが登場してしまうっ!というなんというか追っかけっこのゾンビアイコンであるっ

対応策をあれこれ検索していたところ、最近撃退ソフトを開発されたというブログに行き当たるっ!こ・これは、すばらしぃ
http://www.webtech.co.jp/blog/os/win10/8252
…ということで、早速Windows7ノートの適用っ助かったぁ

上記ブログにアクセスして、文面内を読み下ろしていくとソフトをダウンロードできるリンク先があるので、その箇所をクリック!
win10対策
警告画面が出た場合は、OK
ダウンロードが完了するとIEの画面であれば、画面下部に下図のようなメッセージが出るので 「フォルダーを開く」をクリック!クリップボード04
以降は、Windows7画面による操作法にて————————-
ソフトはzipファイルという圧縮ファイルで保存される。解凍が必要‥
1.ファイルの上で右クリック⇒「すべて展開」をクリック!
win10s (1)
2.表示画面にて「展開」をクリック!
win10s (2)
3.解凍されたフォルダ内のアイコンをWクリック!
win10s (3)
4.「抑止する」「表示しない」を各クリック!⇒OKwin10s (5)再起動で完了!win10s (4)これで、みごとにゾンビアイコンを退治できますぞっ
お困りの方は、ぜひご利用あれ☆☆

ご提供頂いたOPTPiX Labsサイトに感謝m(__)mm(__)m

Windows10通知非表示並びに非適用対策法

Windows10アップグレード催促通知がうざいっ!
いずれアップグレードするにしろ、表示はさせたくないっ!
現OSのままでよいっ!
適用外マシンなのに、表示されるのは困るっ!
などなど、巷ではしつこい通知にうんざり気味の声を耳にする^^;
また、先般は思わずなクリックでWindows10にアップグレードさせてしまったユーザーの対応に伺った次第(苦笑)
よって、対処法を紹介することにしよう!先ずは…
右下に出るWindowsロゴのアイコン通知を終了させるところからGoっ!
「GWX」というのがその通知プログラム(*Get Windows 10(X)の略らしい)
>>>>>>>>*解説画像が見えづらい場合はクリックのこと
w1
次に、通知アイコンを表示しないように設定
w2
これらの操作で非表示になるか?となると実のところ完璧ではない
大元をやっつけないといけない…(よって通知の非表示は不要かも)
インストール(パソコンに入れ込まれる)された通知アイコンのアプリを削除
w3
コントロールパネルにはさまざまな設定ができる項目がある
その中のプログラムを確認、削除できる画面へ~
w4

Windows Updateによりインストールされたプログラムが一覧表示される
ので、そこから「KB3035583」というプログラムを検索する
w5
これで、安心っ!
…ではなく、このままではまた自動的にインストールされてしまう‥
という、まるでゾンビアプリである(苦笑)
最後に、このプログラムが勝手に入り込まないように設定をしておく必要がある。それではじめて完璧っ!
w6
Windowsの定期的なアップデート(プログラムの更新)はセキュリティ上必要なことなので、既定では自動となっている。
その為、手動にする方法もあるのだが…そうなると本当に必要なプログラムが入ってこなくなる為、危険を免れないという面もある。
明確に不要だと推察できる一部のプログラムを自動で入れ込まない為には、表示をさせないという方法がベストっw7

尚、図に挙げたマシンのように既にWin10アップグレードプログラムがダウンロードされている場合には、そちらも非表示にしておくとよい。。
w8
以上で、対応設定は終了っ!
チャレンジできそうな方は、がんばってみてください
尚、不安な方はできる方にお願いしてみてくださいね