カテゴリー別アーカイブ: 知っ得情報

LINEフィッシングメール”(-“”-)”

LINE登録アドレスでないパソコンのアドレスに下図のメールがちょいちょい来る。。
差出人アドレスは@前が「do_not_reply」なんて、あり得んっ!?
明らかに妙な本文であり…二級パスワード??はぁ!?的な(苦笑)

URLの最初が[line.me/]と確かにLINEページへの誘導だが…後のアドレスはでたらめっ!!
スマホの場合は、URLをクリックすると偽ログイン画面に誘導されるもようだが、パソコンでアクセスしてみると…
となる(^^;
まっ、こんなもんでしょっ!

…というわけで、うっかりログインすると情報盗用に遭いますよっ!
皆さん、お気をつけくださいねっ!

Windows 10 Creators Update…いいのか?悪いのか?

4月にリリースしたWindows 10 Creators Updateがどんどん我々のところまで降りてきて、ついに当方のマシンも勝手にUpdate(苦笑)
Windows10では、Updateが規定では自動になっているため、停めることもできずになすがまま…状態。。(‘_’)

新機能も増え、クリエーターの皆さんには喜ばしきことなのだろうが…

同じWindows10ユーザーでも、マシンにとってはこれがとんでもない不具合を起こすことになろうとはっ!?というところでもあるっ!

4月にリリースしたものの、今に至っているというのも一部のシステムに不具合が生じることが判明して、ここまで延び延びであったという事実もあるようだが、否っ!?この不具合…決してまだ解消されていないっ!

…という経験を今体験したばかり(苦笑)
まぁ、ひと先ずのところ当メインマシンにおいては、異様にフォントが小さくなりすぎて、そのフォントサイズが以前のようにテキスト単位で変更できないっ!という事実にぶつかり大いなる不満はあるのだが…マシン自体がどうのという不具合はない。。
問題が起きたのは、相方のマシンであるっ!
Updateが終わった途端に、ネットワークに接続ができなくなったのだっ!( ゚Д゚)
有線無線共に、ネットワークアダプターにエラーが生じ、ドライバーの入れ直し及び更新などを行っても復活できないっ!(涙)
そればかりか、デバイスマネージャーには、ネットワークのみならず、あらゆるデバイスに「」についているという状態っ!?
なんだよっこれはっ( `へ´)…である。。

即座に、Windowsを前のバージョンに戻すっ!
それにより、無事元の健常な状態に戻ることができた(^^)v
もしも、Windows 10 Creators Updateにより不具合が出た方は、戻すことをおススメする。戻す方法は以下のとおり。。尚、戻せるのは10日以内なので戻す場合は、お早めに…
スタートボタン👉設定

設定:回復👉開始する

理由をチェック及び入力👉[次へ]

チェックはしなくてよい

読む👉[次へ](2画面)

[以前のビルドに戻す]をクリック! 以上で、3分~10分程度待てば前のバージョンに戻る☆
マシンの状況次第では、もっと時間がかかることもあるようだ。

尚、戻してもまたUpdateは入ってくるだろうっ!
Windows Proでは手動更新に変更することができる方法があるので、以下サイトを参考にするとよいだろう!

Windows HOMEの場合はツールをインストールすることで可能!
(相方マシンは設定)

さて、サブマシンのノートは如何に?てなとこである(苦笑)
想像するにWindows7からWindows10にUpdateしたマシンに不具合が生じる可能性が大であるのでは?と思われる。。

フィッシングメール

2度ほど届いたLINE変更確認メール(苦笑)
この中のURLをクリックすると偽サイトへと飛んでいき、
そこで、アカウントおよびパスワードを入力すると…
乗っ取りに遭ってしまうというっ!危険なメール。。

LINEからの正式なメールは、以下。。
@accept.line.me
@naver.jp
@line.me
@noti.naver.jp
@linecorp.com

以下に詳しく掲載

最近では、amazonからの偽メールもあるようです。
お気を付けくださいね。。

Googleフォト利用で気をつけること

Googleフォトが便利なアプリだということはわかって頂けたかと思うのだが…
実は、気をつけねばならないことがある。
画像がGoogleフォトにバックアップされることで、端末(スマートフォンやタブレット)の容量を喰う画像を削除して整理することができるのが魅力。。
だが…タイミングを誤ると両方とも削除してしまうことになりかねないっという状況に陥る
Googleフォトは、バックアップにも通信データを使うことになる為、基本的にモバイル通信でのバックアップはオフとなっている。
その為、撮影後すぐに端末側の画像を削除するとGoogleフォト側でバックアップ準備段階の画像も消してしまうことになるわけだっ
(Googleフォトを起動してもモバイル通信中は、準備中のためGoogleフォトに保存はされない)

そのような状況にならない為に、次の操作で確認をしよう!
Wi-Fi環境においてGoogleフォトを起動
下図のように画像に矢印がクルクル回る画面が表示される

矢印の動きが止まる
に変わり、バックアップが完了
この状況をアシスタント(画面下部)で確認すると…

下図のように作業の進行を見ることができる(*クリックすると画像拡大)
以上のようにGoogleフォトでのバックアップ完了後であれば、端末内の画像を整理することが可能となるわけだ。
上図は、iPhoneでの画面だが…Androidフォンの場合タブレットとの相違もあるだろうが…フォト画面右上に下図のように表示される。。

さて、ここで逆にGoogleフォトの画像を削除した場合…
端末ごとに同期されている画像の為、同時に削除されることを認識しておこう
iPhone・iPadの場合は、削除する際に確認メッセージが表示される。
画面下部ゴミ箱より削除の操作‥メッセージが表示。。
削除⇒端末上の画像も同時に削除

端末上画像のみを削除することも可能
但し、フォトライブラリの「最近削除したファイル」より削除しない限りは、端末上には30日間保管される。

Androidの場合は、削除時のメッセージは表示されない。
但し、Androidでも端末上画像のみ削除は可能
画面右上のメニューからiPhoneと同じ項目がある。

尚、複数の画像の削除などの操作を行う場合は、画像を長押しすることで、各画像にチェックを入れて選択ができるようになる☆

以上がGoogleフォトと端末の関係性である。
この情報が皆さんのお役に立ちますように~m(__)m

Googleフォト導入について
Googleフォトを利用しよう(モバイル導入編)
Googleフォトを利用しよう(パソコン導入編)
Googleドライブ(パソコン導入編)

LINE乗っ取り(-。-メ)

つ・ついに‥巷で噂!?の乗っ取り生画面にお目見えっ^^;

昨夜のこと…相方がブリブリと怒りながら仕事より帰還。。
何ごとかと思いきや、
「○○さんから訳の分からんメッセージが届いた
暫くやりとりがなかったのに、なんだこの妙に馴れ馴れしいメッセージはっ
と、かなりのご立腹(苦笑)

…で、見せて貰ったのが上図の画面怒る相方を尻目に…
おぉ~~これぞ乗っ取られたというヤツかぁ~!と何やら感動にも似た思い。。(あ…いかんいかん、被害に遭った相手に気の毒ではないか…)
まっ、まっ、そう怒らんでも彼のせいではないから…と、相方を鎮めた上で、以前の仕事取引相手のその彼にSMS(ショートメール)メッセージにて、
「LINEが乗っ取られているようですよ。詐欺的メッセージが届いてます」と、送る。。すると…
「あちらこちらから苦情の電話が来ています。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」との返信…
きっと、多くの取引相手から怒りの電話を受けているのだろうなと、相当気の毒に思った次第。。彼自身もLINEにアクセスできずに困っていることだろうし、対応に追われて大変だっ

実に困ったことをする族の多いことっ
さて、このような被害に遭った場合の対策としては、新たにLINE登録をし直すことが必要となる。そして以下の対応をしようっ
先ずはLINE問題報告フォームでLINE運営側に連絡をして、アカウントを停めて貰うことっ!そうでないと被害は広まるばかりだから…
その際に、乗っ取られたアカウント新規アカウントを記載のこと。。
有料LINEのスタンプの購入有無の確認があるようなので、或いはスタンプについては復旧をしてくれる可能性があるかもしれません。

スマホやタブレットの方用QRコードを
作成したのでこちらから

次にSMSやメールなどで友人たちにLINEが乗っ取りにあった旨を通知し、お詫びのメッセージを送っておこう