カタカナ語…氾濫しすぎ..(;一_一)

ある意味、思いやりという気持ちがあれば…
そうそう、カタカナ語ちゅうモンは氾濫を極めないと考える。

パソコンという世界は、ある意味本来の用語によるカタカナ所以、
仕方ないと受け入れねばならんのだが…
以前、プライベートブログに記した以下。。
http://pcanego.blog86.fc2.com/blog-entry-378.html

そうなのである!
日本人の大半は、日本人であるっ!
…であるからして、日本人の日常におけるカタカナ語の
頻発には正直、少しばかり辟易な昨今(苦笑)

そりゃ、カタカタ語はカッコよくおしゃれか・・
だが、通じない相手に発するとそれは単に異国の人との
会話にしかならなくなる(苦笑)
当方の知人は、共に会話した相手からそのような言葉が
発せられると、後で必ずあの言葉の意味は何か?と・・・
訊ねてくる次第Undecided

最近よく耳にする「○○氏をリスペクトする」なんちゅう言葉..
別に”尊敬する”でいいではないかっ!?Frown
”リスペクト”の語源は、「振り返る」の”look back”と同義語。
「繰り返し見る」「注視する」などの意味もあるわけで、
日本語と併せて使うのはどうか?と思うのである。

”クリティカル”なんて言葉もよく耳にするようになった!
「決定的な」「危機的な」「批評的な」「酷評的な」「事態が重大な」
などの意味の英単語と認識しているが、時折符合しない使い方に
遭遇する(苦笑)
意味を解せずして、流行りのように使うのは止めてくれっ!
と言いたいっ!!

近年、医療界で”インフォームド・コンセント”という言葉がある。
高齢者に向けて通じる訳もなく、その言葉の説明から始める必要がある。
確かに、適切に表現ができないとなるとカタカナ語は便利なのかも?
でも、相手に通じない用語はどうなのだろう・・・

以下によく目にしたり耳にする用語をちょっこと…
◇インフォームド・コンセント…手術などに際して、医師が病状や治療方針を
分かりやすく説明し、患者の同意を得ること
【同意医療】【納得医療】などに言い替えできないのか?

◇インキュベーション…設立して間がない新企業に国や地方自治体などが
経営技術・金銭・人材などを提供し、育成すること
【起業支援】【起業育成】などに言い替えできないのか?

◇ジェンダー…社会的、文化的に形成される男女の差異
【社会性差】でよくないか?

まっ、確立用語として役割を果たす結果を生み出すのなら
それもありかな・・とは思うのだが、先に示した日本語に混ぜ込んだ
本来の意味からズレてしまう間違った使い方は、避けてほしいなと。

そして、最初に記したが…
相手を思う気持ちがあれば、やたらめたらそのような使い方は…
できない筈である..
日本人なら日本語で表現可能なことは、日本語を使おうよ!!

以上、私論である。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)